通勤時に満員電車へ乗って脚がむくむ

通勤時に満員電車へ乗って脚がむくむ

脚のむくみが気になるときは、少しでも良いから動くことが大事だと思います。ただジッとした姿勢のまま立っているとどうしても脚がむくみやすくなってしまいますので、その状態をなるべく解消しなければなりません。とはいえ、それができないこともあります。

 

たとえば、以前私は1時間以上かけて満員電車の中通勤していたことがありました。最寄駅からずっと満員電車なので、動くことはほとんどできません。人がたくさんいる中ジッとしているしかありませんでした。そうすると到着駅に着いたときは脚がむくんでいて、そのむくみのある脚をほぐすように屈伸等をしながら会社へと出社していました。自宅へ帰るときも当然のように満員電車でしたので、それがとてもしんどいと感じていました。

 

その経験をしてからは、満員電車へなるべく乗らないようにしています。また、どうしても乗らなければいけないときは乗った後に必ず脚をほぐすよう心がけ、なるべく動かすようにしています。そうすることで少しでも脚のむくみをやわらげています。それまでは満員電車による脚のむくみを経験したことがなかったので、まさか脚がそんなふうにむくむとは知りませんでした。

 

ただ、そこで満員電車を経験したからこそむくみについてどう対処していけば良いのかわかりましたし、貴重な経験になったことは間違いありません。それ以来はむくみについてケアを重ねていますからあまりならないですし、これからも気をつけていきたいです。